This is something…


英語表現力を向上するときに、避けて通れないことのひとつは”関係代名詞”です。
自分の言いたいことを英語で表現するときに、関係代名詞を使いこなせば、表現力は飛躍的に向上するでしょう。

そんな中でも、私が非常に便利だと思う、英語らしい表現のひとつが、This is something …なのです。

This is somthing I wanted to say.

「これが、私が言いたかったことなのです。」
実際は something と I wanted to say の間に、関係代名詞の which か that が省略されています。まったく同じ意味で、

This is what I wanted to say.

でもいいのです。実は、something that が”what”で置き換えられているわけです。
この表現方法は、とても使い勝手がいいし応用もききます。主語を入れ替えて、

What I wanted to say is this.

という言い方もできるし、

What I wanted to say is that ….

私が言いたかったことは、that以下ということです。ということが表現できます。

似た表現で便利な表現方法があります。

That’s why …

「だから、… ということなのです。」というときに使えます。
これは、

That’s a reason why I said so.

「それが、私がそういうことを言った理由なのです。」ということなのですが、a reason why を”why”で言い換えて、That’s why I said so.となるのですが、「それが … の理由です。」というよりも、「だから … なのです。」という日本語表現を簡単に置き換えることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク